×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  ドイツのキールから来日したクロトギーノ夫妻の歓迎会


    8月28日(金)の夕方6時から、我孫子駅前の「和民」で、ドイツから来日したキールのクロトギーノ夫妻の歓迎会

  を開きました。 去る5月にドイツ訪問旅行をした時、O氏夫妻が宿泊ており、今回の来日ではO氏宅に泊まることになり、

  歓迎会を開くことになりました。

   レオーネからN氏ご夫妻を初め9人が出席して盛大に歓迎しました。 乾杯にはアインプロジットを合唱し、また隣の部屋

  には来客が居なかったので歌い放題にうたいました。

   クロトギーノ氏は肉より魚が好きということで、刺身の盛り合わせ、イカの煮付け、ホッケの焼き物、ホタテ貝、鮭の

  ムニエル他を食べていただきました。枝豆は初めて食べたけれどもビールによく合うと言っていました。

   お土産にはCDを頂きましたが、コメディア ハルミニアというナチス登場以前にドイツで有名だったグループのもの、

  及びエーデルワイスほかのドイツの民謡が入っているCDでした。

   レオーネからはK戸さんが集めた珍しい鉄道の切手などを渡しました。クロトギーノ氏は大の鉄道マニアだそうで、

  今日も我孫子に来る前は大宮の鉄道博物館に行って来たそうです。息子さん2人は、上が23歳で船長を務め、世界を股に

  駆けて航海されているようです。下の22歳の息子さんは法律家になるよう勉学中だそうです。

   クロトギーノ氏はリチャード・ギアそっくりの方でした。是非キールへ来て欲しいと仰っていました。

  今夜から2泊をOさんのお宅で過ごし、成田から帰郷されるそうです。

    

  歓迎会風景

        

 

                                                             

 



HOME