×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


   八千代男声合唱団・第3回演奏会が開かれる


      

       

  平成21年5月17日(日)午後2時から、八千代市市民会館大ホールで、八千代男声合唱団・第3回演奏会が開催されました。

 八千代男声合唱団は八千代市合唱協会に所属し、JORDAN会の向こうを張る「京葉男声合唱連合」にも加入している30名の

 メンバーを擁する合唱団です。

  1998年に結成され、今年12年目を迎え、地域社会ではなかなか評判が高く、いつも沢山の聴衆が押し掛けるそうで、

 今日も1300の会場(2階を含めず)が8割方埋まっていました。

 

 今日のプログラムは次の通りです。

 1、男声合唱組曲「海豹と雲」   2、八千代少年少女合唱団「フニクリ・フニクラ」ほか

 3、懐かしの男声合唱名曲集「柳川」ほか  4、混声合唱「七つの子、赤とんぼ」

 5、男声合唱「おらしょ」

            

  第1ステージは、多田武彦の「海豹と雲」全曲です。私たちも何年か前にJORDAN会で歌ったことのある曲ですが、

  この曲はなかなか難曲であると思いました。

   第2ステージは、八千代少年少女合唱団の出演です。赤チェックのベストとスカートに着飾った服装で「透明なひびき」を

 聞かせてくれました。 驚くほど訓練されたハーモ二ーでした。

  指揮者から‘03年パリの国際合唱コンクールで見事金賞第1位となった実績がある旨披露され、納得のいく演奏でした。

 第3ステージは、男声合唱の定番「柳川、ふるさと、カリンカ、ともしび、ほか」です。演奏はメロディーラインが少々弱く感じました。

  第4ステージは、先の少年少女合唱団との混声合唱で「七つの子、赤とんぼ」を暗譜で歌っていました。

 おじいさんと孫のコンビが良く、よいハーモニーでした。

  第5ステージは、隠れキリシタンの「おらしょ」でした。

 アンコールは我々もよく歌っている「箱根八里」 「遥友」で、 全体合唱を「ふるさと」でしめて、午後3時50分に散会しました。

 

  散会後、ロビーで佐倉男声の飯田さんに遇って情報交換をしましたが、佐倉男声では団員が増え続けて、間もなく一時の

 2倍になりそうだという羨ましい話を聞きました。  ( S.S  記 )

                                                       

                                                                          

  



HOME