×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


   ドイツ旅行日記・5/12(ハノーファ発〜ミュンスター〜デュッセルドルフ)


      

    

    5月12日(火)は朝から快晴で、8時40分にホテル前に集合し、「Muss i denn」を歌ってハノーファの里親とお別れの挨拶を

   しました。

    今日は専用バスでミュンスター経由、デュッセルドルフへ向かいます。

      ←ハノファの里親がホテル前で見送ってくれる 

 

                          ←Muss i denn を歌って里親と別れる

 

   ドイツでは珍しくアウトバーンが渋滞して予定が遅れたため、ミュンスターに着いたのが1時間遅れとなり、

      ドーム(大聖堂)の見学は、移動するバスの車窓からのみとなりました。

       途中、バスの車窓からはいたるところで、風力発電のプロペラが見られた→  

                 

 

   12時半に、予約しているレストランAltes Gasthaus Lohmannに到着しました。

      ヨーロッパ風の中に、日本的なものも感じられる古風なレストランは、夫婦で経営している様子でした。

          ←レストランAltes Gasthaus Lohmannの入口 

 

   例のごとく 「Ein Prosit」 を歌って乾杯した後、野菜サラダ、スープ、鶏のささ身のメインディッシュの昼食となり、

     お腹は満腹に!!

     食後は、大きないちごケーキのデザートととなり、ドイツ人のお腹はどうなってるのか・・・・と感心するばかりでした。

       ←Ein Prositで乾杯     ←鶏のささ身のメインディッシュ

 

                   ←大きないちごケーキのデザート(小さく見えるが、実際は大きい)

 

   しかし我々の中でも、美味しいものに目のない人は、頑張ってすっかり食べてしまった人も多くいました。

 

  食事風景

 

   デュッセルドルフの 「Madison Hotel」 には午後3時半過ぎに到着。

    今日は演奏会等が予定されていないので、ゆっくりと羽を伸ばす事ができそうだ。

           ←デュッセルドルフの街

 

                                ←我々が宿泊したMadison Hotel

  ホテルで一休みした後、お土産等を購入するため、近くの三越に出かけました。

   人気があるのは刃物類、装身具、チョコレートなどで、特にチョコレートは近くのスーパーでバッハのチョコレートなど、

   ドイツでしか買えないものに人気が集まりました。

                 

  夕食はいくつかのグループに別れ、それぞれ自由に楽しみました。

  我々のグループは、久しぶりの日本食を食べたいということで、デュッセルドルフの中心部の目に付く日本料理店「独逸日本館」

  に入り、寿司、冷し中華、カツ丼などを食べました。

         ←デュッセルドルフの中心部の日本料理店

 

  ビールはドイツの地ビールで、やや色が濃く、香ばしい香りがしました。ここでも 「Ein Prosit」 を歌って祝杯を挙げました。

      中にはお酒が恋しくなって日本酒を頼む人も ・・・・・。

  

            後半の旅に備えて、日本食でスタミナを蓄えました。

           

 

  Mo氏率いる別のグループは、ライン河岸のテラスで夕食を取りました。

     

                

                                            

                                                           


      
目次に戻る    HOME