×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    葦笛30周年記念コンサートが開催される


 

          平成21年4月18日(土)13:30から、湖北地区公民館で、女声合唱団 葦笛の、創立30周年記念コンサートが開催

        されました。 

                    ←湖北地区公民館

 

        葦笛は、昭和54年(1979年)に我孫子市湖北に誕生して、我孫子市合唱祭、湖北ミニコンサートなどに毎年出演して

        いるほか、病院でクリスマスコンサートを定期的に行うなど、地域に根を張った合唱活動を続けています。

         また、20年、25年の節目となる年には演奏会を開催しています。

       今回歌った「二度とない人生だから」は、指揮者のK先生が選曲されたとの事ですが、聞いていて大変感動しました。

        指揮者のK先生は、プログラムの始めに次のように書いています。

         「音楽、歌は不思議なものです。自分に置き換えて共感したり、いやされたり慰めてくれたりします。

          またつらい時は励まし、勇気づけてくれる、すばらしいものです。」

         「二度とない人生だから」 は、まさに、そんな歌だ・・・・・ と思いました。

         全体を通じて、葦笛の皆さん一人ひとりの表情が活き活きとしていて、歌を通じて自分の気持ちを伝えようとする

        ものがひしひしと伝わってきました。

         演奏を聴いてよかった・・・、 そう思いました。

       演奏会の後は、湖北のKストア前の洒落たレストランで、盛大な打上げが行われました。

 

  演奏会のハイライト。

記念品は感謝のメッセージに鉛筆が添えられてました。 鉛筆に文字が刻まれていました。 ステージを飾る花束。おもわずうっとりする美しさ。 受付を手伝う布佐ポピーズの皆さん。
レオーネは駐車整理、舞台設置
、ビデオ、写真などを手伝う。
開場前からたくさんのお客様がつめかけました。 司会には若い女性がついてスムーズに進行しました。 Mさんは我孫子市在住のピアニストです。
演奏会はアヴェ・マリアから厳かに始りました。 胸に赤い花をつけて・・・ 衣装も、とても素敵でした。 グループ発表の「夏の日の恋」
映画「天使にラブソング」より。衣装は団の皆さんの手づくりだそうです。 ゲスト出演のDog Note。作詞作曲した「虹」などを歌いました。 クラリネットのMさんは、葦笛のMさんの息子さんです。 独唱、二重唱にはバイオリンが入りました。
「二度とない人生だから」は、自分
に置き換えてみてしまいます。
一人一人の表情が客席に伝わってきました。 真夜中のギターを会場の皆さんと一緒に歌いました。 年老いても、この街を愛し、この街で生きていきます。
打上げは湖北のKストア前の洒落たレストランを貸しきって開催。 席はくじ引きで決められました レオーネの仲間も、それぞれのテーブルに散らばりました。 各テーブルごとに記念撮影です。
写真が遠かったのでもう1枚。はい
チーズ。
疲れたな、モー ・・・・。 ここが中央の一番大きなテーブルです。 演奏会が、皆さん一人一人の力で出き上がっていることが、よく分かりました。

   

             演奏会が終わって、ホッとしました。

             

  

 

              打上げの最後にみんなで記念撮影。

             

                                皆さん、お疲れ様でした。 

 

   プログラム 

 

 

                                                                               

    



HOME