×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  大門コーラスファミリー第1回合同演奏会が開かれる


    大門コーラスファミリー第1回合同演奏会が2月22日(日)午後1時30分から柏市民文化会館大ホールで開かれ、

     大門先生が指導する合唱団のうち7つの団体が出演して開かれました。

                

   当日筆者は自治会の仕事のため途中から会場に入って聴きましたが、それぞれの団体が熱演して大いに盛り上がって

    いました。

     会場も1,600人収容のホールがほぼ満員で、多くの人の関心の高さを示していました。

   出演は女声合唱団の「Mon-ne」「ベルフォーレいわい」「ファンタジー」の3合唱団、混声が「ムジーク・フロイント」

    「フレンドリー・シンガーズ」の2団体、男声が「フロイデ」1団体、大学「流通経済大学合唱団」1団体、計7団体でした。

   プログラムは第1ステージが個々の女声合唱団によるステージ、休憩を挟んで第2ステージが混声、男声、大学の合唱団

    によるステージ、最終の第3ステージが7団体合同で高田三郎の「心の四季」でした。

           

                           合同ステージの 「心の四季」

 

    我々アンサンブル・レオーネも、8年前の平成13年3月に、唐沢先生の還暦を祝って5団体が合同で「ザ60.唐やん

    コーラスフェスタ」を開き、最終ステージで合同の「水のいのち」を歌ったことが鮮やかに思い出されました。

 

   合同演奏の大きな拍手の後、アンコールで大中恩の「渡り鳥」を歌って2時間20分にわたる演奏会を終了しました。

           終了後満足そうに家路に着く大勢の観客→ 

  

      レオーネのメンバーは帰路、柏駅近くで、今日の演奏会の成功を祝って大いに祝杯を挙げました。(H.Y.記)

            ←レオーネのメンバーが立ち寄った店

 

                                  ←祝杯をあげたメンバー

 

       大門会演奏会プログラムの表紙

     

 

  プログラム

                             

                                                                     

   



HOME