×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  「いい日旅立ち」「川の流れのように」の練習が始る


   JYRDAN会も終わって、いよいよ、来年の演奏会に向けて少しづつ動き始めました。

     13:40からは、テナー系のパート練習があり、演奏会用の歌集「日本の歌」から、「いい日旅立ち」の音取りがありました。

    「いい日旅立ち」は、1978年にリリースされた山口百恵の24枚目のシングルで、その楽曲を使った日本国有鉄道(1978年)と

     西日本旅客鉄道(2003年)の、旅行誘致キャンペーンのキャッチコピー・キャンペーンソングで、かつてだいぶはやった歌です。

      練習をしながら、30年前を少し思い出し、懐かしくなりました。      

                                         EPレコードのジャケット→ 

 

    14:40からは、全体練習となりました。今日の歌の練習は、「いい日旅立ち」と「川の流れのように」の2曲の音取りでした。

     「川の流れのように」は、美空ひばりが歌った数々の名曲の中でも、幅広い年代層に親しまれてきた作品です。

      この歌は19891月に発売されましたが、美空ひばりは同年652歳で他界しました。

     歌の内容から、まるで遺作となることがわかったことでも話題となったようです。

      どちらもポピュラーな曲ですが、味わいの深い名曲です。

        注)青字部分クリックして、当時の映像を見ることができます。

                                   ←小貝川。筑波山を望む。

  その後、ドイツプロジェクト会議EL2009があり、旅行費用がほぼ固まったこと、旅行手帳を3月末目途で作成すること、

     ドイツへ持参するお土産の買出し、運搬など、詳細が少しづつ決まってきました。

      明日は、団友も含めた第1回ドイツ合同練習が、我孫子駅前のケヤキプラザで14:00から開催されます。

     ドイツ演奏旅行もまじかとなってきました。 (H.Y.記)

 

 会議が終わった後は、台湾で乾いた喉を潤しました。

    ←EL2009の団旗も出来上がりました。 

 

                  ←いつものメニューにヘルシーな大根サラダが加わりました

 

                     

                            いつもニコニコのママさんと一緒に

   

                                                          

        



HOME