×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  年が明けて台湾で・・・


   平成21年1月17日(土)、東小学校で13時40分から、N氏の指揮で名曲の練習がありました。

     今日は、“トーレの王”の音取り練習でした。しばらくやってないと、かなり忘れてます。

     特に名曲は月1回の練習ですので、何か用事でもあって1回でも休んでしまうと、知らないうちに次の曲に進んでいた・・・

     なんてことがありそうです。

      当たり前のことと思いますが、自習が必要です。

      前回の練習では、来年の第6回定期演奏会で歌う 「日本の歌」 の楽譜が配布されました。

     新しい楽譜が配布されると、なんとなく、わくわくします。

                        

   平成21年4月に予定している演奏会で歌う「日本の歌」→ 

 

     

   「いい日旅立ち」 「川の流れのように」 「あの素晴らしい愛をもう一度」 「千の風になって」 「翼をください」 

     「見上げてごらん夜の星を」 など、誰でも知っているようなポピュラーな曲がたくさん並んでいます。

      これまでレオーネの演奏会で、このような曲を歌うということは、あまり考えられなかったと思います。

     だんだん時代も変わってきて、世の中も変ってきて、我々の意識も変ってきた・・・ と言うことができるのかも知れません。 

 

    14時40分からはK先生の指揮で、雨、ダシェンカ、斉太郎節、などの練習がありました。

      来週はJORDAN会が開催されます。

 

     年が明けて忙しかった人が多かったと見え、今日は出席者もいつもより、少なかったと思われます。

   練習後は台湾に行きました。

     健康のこと、ドイツ演奏旅行のことなど、話題は尽きませんでした。 

             ←台湾で語る。   

       

                                            

                  



HOME