×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  練習後に台湾で秋の夜長を過ごす


  平成20年10月25日(土)、今日の練習は、13:40から14:40までK先生の指導で、テナー系のパート練習

          がありました。

           練習曲は、男声合唱組曲の「雨」から、「U.武蔵野の雨」でした。

          少人数での練習となるため、各パートで歌う回数も必然的に多くなり、K先生の熱心な指導でだいぶ勉強になり

          ました。

       いつも言われることですが、チェックすべきこととして、「五ケ条のご誓文」 が黒板に書かれました。

             @ブレスをしたら一瞬止める

             A息継ぎは、支えたままブレス

             Bフレーズは最後まで息を回す

             C高い音を出す時は、その前に上げている

             D切った後の休符を支える

           これをいつもチェックすることが大切と思われます。

          なかなか全部できずに、忘れていますが、各自がこのうちのいくつかに気を留めながら歌うようにすれば、

          全体として、かなりスキルアップが図れるのではないでしょうか・・・。 

                                                    

      練習後は、有志で台湾へ行きました。

         来年はドイツ演奏旅行がありますが、再来年には次の演奏会があり、ステージや曲目などもだんだん具体的に

         していく必要があることなど、あれこれと話して過ごしました。

     

                                               ↑今日のラストは、珍しく、チャーハンでした。 

 

                                                              

       



HOME