×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 「コール・アマホーク」第3回定期演奏会開催される


  月27日(土)午後2時から森のホール(大ホール)で、混声合唱団「コール・アマフォーク」の第3回定期演奏会

      が開催されました。

       会場となった森のホール(大ホール)は、音響の良い、すばらしいホールで、観客2千人を収容することができます。

      演奏会には当日、約800名の方が入場したということです。

 

        ←森のホール(大ホール)

 

    当日券を43枚しか受付に用意しなかったところ、58枚も売れて嬉しい誤算があったそうです。

 

  今回の演奏会は、全員が全ステージ暗譜で演奏していました。

  全ステージ暗譜は、なかなかできるものではありませんが、よく、皆さんここまでされたな・・・とびっくりしました。

  「コール・アマホーク」のY氏(アンサンブル・レオーネにも所属)によると、暗譜の苦労は並大抵のことではなく、

  各人がそれぞれ工夫をして取組まれたようです。

  ちなみにYさんは青春切符で鈍行列車の暗譜旅行を計画して、車内でひたすら暗譜をしたそうです。

  Yさんの奥さんも別の日に同じルートで出かけたそうです。その甲斐もあって、「指揮者の動きをよく見ながら

  曲想を表現することができました。」とのことでした。

 

  この合唱団は指揮者のK先生の名前を付した、K先生に私淑する9年目を迎える合唱団で、指揮者は、MIXIの

  カルロスさんが所属する墨田区のS男声合唱団でも振っているそうです。

  演奏会は4つのステージで構成されています。

 

      最初はフォーレの「アヴェマリア」ほかの5曲の合唱曲

        ←第一ステージ

 

                   第2ステージは林 光の「日本抒情歌曲集」から曼珠沙華ほかの6曲

               ←第二ステージ

 

  ここで【休憩15分】

 

    第3ステージは、さだまさし作品集(松下 耕編曲)から精霊流しなど3曲と、「上を向いて歩こう」など2曲。

    Yさんの他、かつてレオーネで歌っていたTさん、I さんも歌っています。

      ←第3ステージ

 

                  第4ステージは大中 恩の組曲「風のうた」 でした。

                    ←第4ステージ

 

 

      演奏会後、舞台で集合写真を撮りました。

        

 

  後片づけ後、ホール内のレストラン「アゼリア」で打ち上げが行われました。

  団員の皆さんは心行くまで祝杯を挙げ、感慨に浸っていました。

  レオーネの定演でピアノの調律をお願いしたIさんの挨拶。Iさんは団の事務局長です。

   ←打上げ会場で

 

アンサンブル・レオーネからも聴きに行きました。

                   

                                                                      

 



HOME