×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  練習後、台湾で Ein Projit を4人で歌う


     

                                ←中央公園に隣接したけやき並木の道路

 

         平成20年8月30日(土)13:40から、東小学校で、テナー系(トップ、セカンド)のパート練習がありました。

        練習曲は「浜辺の歌」 「雪の降る町を」でした。 

         先週、ベース系(バリトン、バス)が同じ歌でパート練習をしています。

        今日は両方が一緒になって合わせました。

         毎回先生に注意されることは、いつも同じですが、しっかり支えて歌うことや、音を回転させて進めていくこと

        などで音がとれるようになり、その結果、ハモルことが再確認できました。

        ←テナー系のパート練習

         

         なかなか頭に入らなくても、繰り返し歌うことで少しづつ身についていけばいいなと思いました。

         病気でしばらく休んでいたHさんが、練習にやってきました。

        見たところ入院前とほとんど変わりませんでしたが、大手術をされたそうです。 元気そうで、何よりでした。

         お酒は飲んでもいいそうで、飲んでみたそうですが、全くおいしくなくなったそうです。

                   久しぶりに練習に出てきたHさん→ 

 

       今日の練習は、「T.雨の来る前」 「X.雨の日に見る」 の2曲でした。

      合唱祭までは、あと3ヶ月近くあります。これから更に細かい点などの練習を積み重ねて、本番に臨むことになります。

      「T.雨の来る前」 は、最初に歌った時は、なんだか難しそうだし、あまり面白くなさそうな歌だな・・・と思ってましたが、

      これだけ歌ってくると、これまで知らなかった歌のよさ、味わいがどんどん出てきて、歌う喜びが感じられるようになって

      きました。

 

     練習後は、台湾へ行きました。

        今日は蒸し暑い一日だったので、冷たい生ビールがおいしく感じられました。

        各パート1名づつの少人数でしたが、まずは 「Ein Projit」 を歌って、「乾杯!!」 

        自分の声をよく確認することができました。

         雨が降ったりやんだりしているせいか、お客様は少なく、お店は貸切状態でした。

     

           ←4人で Ein Projit を歌う

              

                                     ←いつもニコニコのママさん

                

                                                          

                                                             



HOME