×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  栗ケ沢教会でフォンテ、朋、ミューズ3合唱団のコンサート開催


                                              

    7/5(日)栗ケ沢教会でフォンテ、朋、ミューズ3合唱団のコンサートが開かれました。

   昨年6月にフォンテが英国演奏旅行のプレ演奏会を開いた同じ教会で、今回は10/5(日)に流山市文化会館で開くフォンテ

   第33回定期演奏会のプレ演奏会という形で開催され、約80 人の聴衆が集まりました。 

    第1ステージは、友情出演の女声合唱団 朋がハビエル・ブスト作曲のモテット4曲が演奏されました。

   メンバーが13名に増えて、相変わらずしっかりとしたアルトが健在で、ハーモニーを引き立てていました。

             

    第2ステージは、(会場の関係でやや押さえた)約40名のフォンテが、第1ステージと同じスペインの現代作曲家ハビエル

   ・ブストが「阪神・淡路大震災」で犠牲となった人々を追悼するために作曲された『死者のためのミサ曲』(9曲)を演奏し、

   会場に相応しい洗練されたハーモニーを聞かせてくれました。曲の中でソプラノソロに団員の加藤さん、バリトンソロに唐沢

   先生が歌いました。(先生は、この練習のためにアルコールを4日間絶つというご苦労もあったとか・・)

                  

  第3ステージは、レオーネの兄妹関係にあるミューズが登場して寺嶋陸也氏が近年作曲した女声合唱組曲「月夜の

   木馬」10曲が演奏され、それまでの固い雰囲気を和らげてくれました。最近目覚ましい進歩を遂げているミューズの演奏は、

   とても新鮮で自信に満ち溢れた演奏でした。

                

     第4ステージは、フォンテの『世界の歌、日本の歌』懐かしい曲6曲が演奏され、和やかな空気に包んでくれて

    フィナーレとなりました。

                                  

                                     

    引き続き隣接の信徒会館で、団員の沢山の手料理に舌鼓みをうち乍ら、飲み物を酌み交わして懇親が図られ、19時30分

   に散会しました。(S.S記)

 

                                                                                                      

                       



HOME