×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  第31回湖北ミニコンサートが開催される


  平成20年5月25日(日)、湖北地区公民館ホールで第31回湖北ミニコンサートが開催されました。

   朝から雨模様のお天気でしたが、湖北公民館は満席で、後部には立見の方が並ぶ盛況でした。我孫子合唱連盟からは、

   プリムラコーラス、コールヴォンネ、葦笛、道、ミューズ、シャウティング・フォックス、アンサンブル・レオーネが参加しました。

    合唱以外では、ミニコンでは常連となっているソプラノ独唱、我孫子フィルの木管4重奏団の演奏があり、最後は恒例の

   我孫子フィル有志の管弦楽、二重唱・独唱でしめました。

    演奏会の後は、湖北近隣センターで恒例の打上げが開催され、出演者相互の懇親を深めました。

  そして当日は、・・・・・

雨があがって外に出した立看板。 舞台の右脇に設置したスクリーン
にプログラムを投影しました。
11時から、プログラムに演奏会の
チラシ挟み込み開始。
受付の脇では演奏会の模様が
テレビ画面に放映されました。
リハーサルのタイムキーパーも
結構気を使います。“いけない
時間間違えた!!”。
受付で。天候のせいか出足は少し
遅かったようです。
常連となっているソプラノ独唱の
Sさん。
木管の柔らかい音色が会場に
響きます。
葦笛も今年度は30周年記念演
奏会が計画されています。
道は、昨年秋に第3回演奏会が
開催されました。
ミューズは、綺麗な花柄模様の
衣装で歌います。
一瞬舞台が明るくなったようです。
コカリナの演奏。コカリナはハン
ガリーから日本にやってきて13年
とか・・・・・。
シャウティング・フォックスは“まち
ぼうけ”、“からたちの花”など、
日本の歌を3曲歌いました。
我孫子フィルの室内楽団「どんぐ
り」は結成10年。以来、毎回一人
も欠かすことなくミニコンに参加。
ミニコンでは、おなじみとなった
二重唱。
最初のミニコンから、企画運営に
携わってきたYさんの司会で打上
げが進行。
ソプラノ独唱をしたMさん。 民謡調の松島音頭でソロを歌
ったSさん。
舞台設置やピアノ移動などでお
手伝いをしていただいたシニアク
ラブの皆さん。
男性は元気よく“いざたて”を歌う 打上げでも素敵な演奏を聞かせ
てくれる我孫子フィルの皆さん。
「空よ」の歌詞をかざして・・・ 女性が我孫子フィルの演奏で歌
います。“空よ・・水色の空よ・・・”

               

         

              

                      湖北近隣センターの和室で、余興を熱心に聞きます。

 

    打上げの後は、台湾に寄った人も数名いました。 長い一日、ご苦労様でした。

 

                            

  

                                       

                         



HOME