×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  北海道へ小紀行


  昨年10月、独身の長男が苫小牧に転勤になって、その後一度も行ってなかったので、だいぶ前から北海道行きの計画を

     立てていましたが、このたびやっと実現し、家内と2人で様子を見に行ってきました。

      北海道に発った日は、東京では気温が21度でしたが、千歳空港は7度。 真冬の気候でした。

      小樽の北一硝子、オルゴール館などを見て札幌泊。 翌日、子供のマンションに30秒間立ち寄って、後は子供の運転で、

     苫小牧市内のウトナイ湖、支笏湖、札幌郊外の藻岩山、白い恋人パーク、札幌市内の道庁、時計台、大通り公園などを

     散策しました。(Y.I 記)

                                     ← ライラックの花が咲く札幌時計台 

 

 

      元は農学校だった時計台の中には、高梨哲夫(作詞・作曲)の「時計台の鐘」のメロディーが、当時のLPレコードで

         流れていました。 そして、自筆の楽譜などが保存されていました。

              ← 「時計台の鐘」の自筆の楽譜

   

小樽のオルゴール館。綺麗に細
工されたオルゴールがたくさん
ある。
ふくろうの時計など。「不苦労」
「福来」などと言うとか・・・。
ウトナイ湖の白鳥。ラムサール
条約で守られているせいか、近
寄っても逃げない。
車が少なく、白樺の林の中を、
どこまでもまっすぐ続く道。
透明度の高い支笏湖。空気が
澄んでいるのが分かる。
北欧を思わせるJR札幌駅。 赤レンガの北海道庁。 道庁前に八重桜がびっしりと咲
いていた。
        
テレビ塔から見た大通り公園。
樹々が芽を吹き始めて、花も
咲き出した。
昼食はラーメン。札幌は味噌味。
旭川は醤油味、函館は塩味だ
そうだ。
札幌市内から30分の藻岩山の
頂上で。
 

    

      

                                                                                

                                           ← 時計台の前で

 

          

                 

                                                            



HOME