×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  ドイツ歌曲、団友との合同練習が東京で開催


   平成20年4月5日(土)、東京芝・増上寺の明徳幼稚園で、ドイツ歌曲の団友との合同練習会が開催されました。

         お天気もよく、春の日差しの中を、JR浜松町駅から芝方面に歩いていくと、増上寺付近のお寺の僧侶の方々が集合し、

         これから街をねり歩くようでした。

            ← お寺の僧侶の方々が集合

          

          「お練り・・・・」という看板が出ていましたが、定例行事のようです。

          増上寺は近寄ってみると、さすがに立派なお寺でした。桜の木がたくさんあって、もう、半分ぐらいは散っていましたが、

         4月のぽかぽか陽気の中で春を感じさせ、爽やかでした。

      ← 春の日差しを浴びる増上寺

   

                   ← 桜の花が綺麗な境内

  

                                        ← 風車のついたお地蔵さん   

               ← 境内にある花が咲く墓地

 

          明徳幼稚園には13:30頃からぼちぼち団員、団友が集まり始めました。

          集合したのは、アンサンブル・レオーネ20名、東京リーダーターフェル7名、洋光台男声3名、白門グリークラブ1名、

         アコーディオン2名で、総勢34名となりました。

                ← 熱心な演奏をするアコのSさん、Yさん

         合同練習は14:30からでしたが、その前の14:00から、アコーディオン2台の合わせ練習がありました。

        アコーディオンも2台となって、伴奏もさらに充実してきました。

        早く来た人は最初は、練習の様子を見ていましたが、後半は声だしも兼ねて一緒にあわせて歌いました。

                             

          

         団友の方が入ると、レオーネの声もいい方向に引きずられて、全体として幅のある充実した音楽になっていく

         ような気がします。 振り付けの練習も、細部を確認しながら、大体できそうな雰囲気になってきました。

         Nさんの手際のよい指導で練習もあっという間に時間が経ってしまいました。

        

       アフターは、浜松町駅の近くの居酒屋「H」へ。

            リーダーターフェルのO氏が、予め細かな計画をたてて予約をしていただいてました。 感謝感謝。

           午後6時までは生ビールが半額になるとのことで、増上寺をゆっくり見ることもなく、お店に直行しました。 

            お店はドアが閉まって個室になります。

           最初はみんなで「Ein Projit」 を元気よく歌って、“Prost!”

            冷たいビールで喉の渇きを潤し、演奏会やドイツ演奏旅行の話題で、にぎやかに過ごしました。

 

          ← 元・洋光台男声合唱団の指揮者のMさんの指揮で歌う

   

                 ← jokeが得意の団内指揮者・Oさんも登場

 

                                     ← ドイツ国旗のチョッキを紹介して

 

  

            

                     明徳幼稚園で練習終了後、演奏会の成功を祈って、ハイ チーズ !!                                               

                                                                       

                 



HOME