×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  レオーネの練習風景が地域新聞に掲載される


   平成20年3月28日(金)発行部数165万部を誇る「地域新聞」のトップに、アンサンブル・レオーネの演奏会について

         紹介した記事が掲載されました。

           そういえば、3月の上旬に地域新聞の記者がレオーネの練習風景を取材にきて、写真を撮り、インタビューなどを

          していきました。

          

          

       今日の練習は、14:00から15:00まで、アコーディオンのYさんと一緒に、ドイツステージの練習をしました。

        ドイツ歌曲の第2ステージは、2年前の演奏会の時とほとんど同様のステージになりますが、だいぶ思い出してきて、

        今日の練習でかなり確認できました。

         4月5日(土)には、東京の明徳幼稚園で団友との合同練習会が開催されますが、アコーディオンも2台となり、

        さらに本番に向けた練習になりそうです。

        

                 ← 東小学校での練習風景

 

      ドイツ曲をアコーディオンの伴奏に合わせてメドレーで歌う部分では振り付けもあり、楽しいステージになりそうです。

       団友で洋光台男声合唱団のTさん、白門グリークラブのTさんが練習に参加し、練習も充実してきました。

 

                      ← 白門グリーのTさんは八王子からやってきました 

 

       平成20年6月28日には鎌倉で、洋光台男声合唱団のTさんがお世話役を務めている

      「合唱の仲間たち 〜あなたが主役みんなのステージ〜 」 が開催されますが、アンサンブル・レオーネもこの催しに

      出演することになりました。 下記は、Tさんがパソコンで作ったカラフルでしゃれたチラシです。

 

                

 

           練習後は、有志で台湾へ行きました。

           演奏会のこと、ドイツ演奏旅行のことなどを話しながら、餃子をつまみにあれこれと話して過ごしました。

            ママさんが言うには、最近、餃子を注文する人が多いとのこと・・・。

           スーパーなどでもあまり売らなくなったため、餃子をほんとに好きな人が食べたくて、お店で注文するケースが

           増えているようです。

                      ← 注文しなくても自動的に出てくる餃子をつまみに・・・

                            

     

                                                                  

                 



HOME