×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 台湾で本物の(?)台湾旅行の壮行会、お祝い


  平成20年3月1日(土)、毎日寒い日が続いていましたが、今日から3月となりました。

        やっと暖かくなってきて、春らしい気候となってきましたが、練習は、14:40から東小学校で開始されました。

         今日は、唐沢先生の指導で、第一ステージ(黄色の歌集)の練習を集中的に行い、団歌(グリーンの歌集)も歌いました。

        団歌では、1番、2番の歌詞の違いがいまいちで、手探りになりやすいことが指摘されました。

         そのあとは二宮さんの指導で、第二ステージ、ドイツ歌曲の練習です。 Die Lorelei、Heiden Röslein、Untreue、

      などを歌い、当日の振り付けも少し思い出しながら、

      アコーディオンに合わせたドイツ歌曲のメドレーの練習もありました。

       ドイツ歌曲の第2ステージでは、各自がチョッキ(できるだけ派手なもの、目立つ色のもの)を着ましょ

      う・・・ということになりました。

      二宮さんは、ドイツ国旗の3色のチョッキをサンプルとして、練習に持参してきました。

      ちなみに、奥様が作ったものだそうです。

              

         練習には洋光台男声合唱団のTさんもやってきました。

        Tさんは、EL2006ドイツ演奏旅行にも一緒に行った団友の一人ですが、4つの合唱団に入っているとのことで、

        合唱では多忙な日々を送られているようです。

                                   

         休憩時間に副団長のOさんから、30周年記念演奏会の会場打合せで、麗澤大学に行って詳細を詰めてきたこと、

        ドイツ演奏旅行(EL2006)を頼んだN社に、EL2009の見積り依頼に行ったことなどが報告されました。

          

     練習後、台湾に行きましたが、常連のNさんは、明日早朝から本物の(?)台湾旅行に出かけるとのことでしたので、

        ささやかながら有志による壮行会をしました。

         また、Sさんは、3人目の孫(男の子)が南アフリカで生まれたとのことで、みんなでグラスを掲げてお祝いをしました。

 

                        

 

                                               This Song : Untreue 

        

                           



HOME